メニュー

最新のお知らせ

  • 新着情報
  • 講習
  • 災害救護
  • ボランティア
  • 青少年赤十字
  • 義援金・救援金
  • Bangladesh, Cox’s Bazar district, Thangkhali informal settlement, 16 September, 2017
Rajuma Khatu, 25, and her two young children recently arrived in Bangladesh from Rakhine state, Myanmar, after a seven-day journey across the border. Her husband is dead and she is living under a piece of plastic sheeting with 17 other people including her blind father-in-law and eight children.
Rajuma received help and medicine for her sick baby from a Bangladesh Red Cresccent mobile medical team. Hundreds of people use the free service every day for complaints ranging from diahorrea, malnutrition, flu, skin complaints, and breathing difficulties, to gunshot wounds and psychological trauma. The team is made up of a doctor, a paramedic and two volunteers, and is supported by Qatar Red Crescent.
More than 400,000 people have fled across the border to Bangladesh in the three weeks since violence flared on 25 August. IFRC is supporting Bangladesh Red Crescent to address the needs of the displaced population. Red Crescent is purifying water and distributing it along with food, hygiene kits, mosquito nets, tarpaulins and bamboo. Two Bangladesh Red Crescent mobile medical teams supported by ICRC and Qatar Red Crescent are also treating hundreds of patients a day. 
IFRC has been supporting an earlier group of displaced people since the start of 2017 and is urgently scaling up its response to address the needs of the latest influx. IFRC has revised its existing emergency appeal for the Cox’ Bazar region and is urgently appealing for 12.7 million Swiss Francs so that it can set up field hospitals and water purification units to meet the essential needs of the displaced people in Bangladesh.

    2017-09-22
    義援金・救援金

    「バングラデシュ南部避難民救援金」の受付けを開始しました

    平成29年8月下旬から、ミャンマー西部ラカイン州で暴力行為が相次ぎ、隣国バングラデシュへ避難する人びとが急増し、水やシェルター、医療、食料などが不足する状況が続いております。 避難する方々を支援するため、日本赤十字社は下 […]

  • 2017-09-21
    義援金・救援金

    「平成29年台風第18号災害義援金」の受付けを開始しました

    平成29年9月に発生した台風18号にともなう災害により、大分県で人的・物的損害が発生しております。 この災害で被災された方々を支援するため、日本赤十字社は以下のとおり義援金を受け付けます。皆さまの温かいご支援をよろしくお […]

  • 県連合婦人会様

    2017-09-15
    義援金・救援金

    山口県連合婦人会様から義援金をお寄せいただきました

    平成29年9月14日(木)、山口県連合婦人会様より、「平成29年7月5日からの大雨災害義援金」として1,048,300円のご寄託をいただきました。 この義援金は、16郡市の婦人会で戸別訪問や集会等で募金の呼びかけを行い、 […]

  • IMG_2676

    2017-09-15
    講習

    第5回赤十字救急法競技大会を開催しました

    ワールド・ファーストエイド・デー(世界救急法の日)である、9月9日(土)に、第5回目となる赤十字救急法競技大会を山口南総合センターで開催しました。 今年は、今までの学校・職場、友人等でのグループに加え、初めて家族での参加 […]

  • IMG_2302 - コピー

    2017-09-08
    義援金・救援金

    九州北部豪雨災害救援の会様から義援金をお寄せいただきました

    平成29年9月7日(水)、九州北部豪雨災害救援の会様より、「平成29年7月5日からの大雨災害義援金」として88,396円のご寄託をいただきました。 この義援金は、九州北部豪雨災害救援の会様が、フジグラン宇部をはじめ、下関 […]

  • IMG_2300 - コピー

    2017-09-07
    義援金・救援金

    シーモール下関商業開発株式会社様より九州北部豪雨災害義援金をご寄託いただきました

    平成29年9月6日(水)、シーモール下関商業開発株式会社様から「平成29年7月5日からの大雨災害義援金」として、60万円のご寄託をいただきました。 これは、ショッピングセンター内の専門店街1Fコンコースに募金箱を設置し集 […]

  • IMG_2297 - コピー

    2017-09-06
    義援金・救援金

    株式会社丸久様より九州北部豪雨災害義援金をご寄託いただきました

    平成29年8月31日(木)、赤十字サポーターである株式会社丸久様から「平成29年7月5日からの大雨災害義援金」として、マルキュウグループの各店舗の募金箱で集められた募金に、丸久様からの拠出金を加えた総額77万円をご寄託い […]

  • Bangladesh, 2017.
Bangladesh Red Crescent volunteers are distributing cooked meals to the flood-affected communities in Dinajpur.

    2017-09-04
    義援金・救援金

    「2017年南アジア水害救援金」の受付を開始しました

    南アジアでは、平成29年7月頃からのモンスーンによる豪雨の影響で、バングラデシュ、ネパール、インドにまたがって大規模な洪水や土砂災害が発生しています。地域全体で約4,000万人が被災し、死者1,200人以上、倒壊家屋95 […]

赤十字サポーターのご紹介

赤十字サポーターとは

  • 西京銀行
  • 株式会社丸久
  • コープやまぐち
  • 三宅商事
  • シーモール下関
  • 生命保険協会
  • 西京銀行
  • 株式会社丸久
  • コープやまぐち
  • 三宅商事
  • シーモール下関
  • 生命保険協会

協力企業・団体等

ご協力ありがとうございます|協力いただいた個人・企業・団体様のご紹介

パートナーのご紹介

RENOFA


ページの上へ