メニュー

活動紹介

  1. トップページ
  2. 活動紹介
  3. 救急法等の講習

救急法等の講習

日本赤十字社は、「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守る」という使命に基づき、「救急法」「水上安全法」「雪上安全法」「幼児安全法」「健康生活支援講習」の5種類の講習を行っています。
また、地域のニーズに合わせて「防災減災講習」も実施しています。

※雪上安全法については、山口県支部では実施していません。

救急法

イメージ
日常生活における事故防止、手当の基本、人工呼吸や心臓マッサージの方法、AEDを用いた除細動、止血の仕方、災害時の心得などについての知識と技術を習得できます

詳しくはこちら

水上安全法

水上安全法
水と親しみ、水の事故から人命を守るため、泳ぎの基本と自己保全、事故防止、おぼれた人の救助、応急手当の方法などの知識と技術を習得できます。

詳しくはこちら

幼児安全法

イメージ
子どもを大切に育てるために、幼児期に起こりやすい事故とその予防、手当の実際、かかりやすい病気と看病の仕方などの知識と技術を習得できます。

詳しくはこちら

健康生活支援講習

健康生活しえん
誰もが迎える高齢期を、すこやかに迎えるために必要な健康増進の知識や高齢者の支援・自立に向け役立つ介護技術を習得できます。

詳しくはこちら

防災減災講習

イメージ
地域で考える災害時の備えや防災に関する各種体験プログラム等、防災に役立つ知識や技術を習得できます。

詳しくはこちら

家庭あんま術

イメージ
山口県支部独自の事業として実施しているもので、病気の予防、疲労の回復など健康の増進を目的に家庭で出来るあんま術の知識と技術を習得できます。

詳しくはこちら

赤十字救急法競技大会

競技大会
心臓マッサージ・人工呼吸やAEDを用いた救命処置、三角巾を用いたきずの手当の適切さを競い、赤十字救急法の知識・技術の更なる研鑽・向上を目指して毎年開催しています。

詳しくはこちら

各講習会について、指導員の派遣を希望される方はこちらをご覧ください

講習への参加等については、山口県支部までお問い合わせください。


ページの上へ