メニュー

活動紹介

  1. トップページ
  2. 活動紹介
  3. 災害救護活動

災害救護活動

日本赤十字社の災害救護活動には、赤十字の人道的任務として自主的判断に基づいて行う場合と、災害対策基本法や武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(国民保護法)に基づく指定公共機関として、国や地方公共団体の行う業務に協力する場合とがあります。
これらの災害救護活動を円滑に行うため、法律に基づき日本赤十字社防災業務計画日本赤十字社国民保護業務計画を作成し、日頃から訓練研修を行うなど体制を整備しています。
また、新型インフルエンザ等の未知の新感染症が発生した場合には、新型インフルエンザ等対策特別措置法における指定公共機関として、日本赤十字社新型インフルエンザ等対策業務計画に基づき、医療サービスの確保等の必要な対策を実施します。

医療救護

img_disaster_rescue

日本赤十字社山口県支部では、災害時に備えて、赤十字病院の医師、看護師などを中心に編成される常備救護班を8個班(100人)編成しています。
災害が発生すると、ただちに救護班(1個班あたり医師・看護師ら6人)を派遣し、救護所の設置、被災現場や避難所での診療、こころのケア活動などを行います。

救援物資の配布

img_disaster_haibun

日本赤十字社山口県支部は、被災者に配布するため、日頃から毛布や緊急セット、安眠セット、バスタオルを備蓄しています。

毛布 パック加工された毛布
緊急セット 携帯ラジオ、懐中電灯、風呂敷、ブックレット(災害時に気をつけたい症状)など
安眠セット キャンピングマット、枕、アイマスク、耳栓、スリッパ、靴下など
バスタオル 救援物資(バスタオル)  

血液製剤の配給

日本赤十字社は、災害時にも血液製剤を円滑に確保・供給するため、各血液センターで必要な血液製剤を備蓄するとともに、全国的に血液需給を調整する体制をとっています。

義援金の受付・配分

日本赤十字社は、被災された方々への見舞金である災害義援金の受付を行っています。
受け付けた義援金は、第三者機関である義援金配分委員会(被災自治体、日本赤十字社、報道機関等で構成)を通じて全額が被災者に配分されます。

山口県支部の救護活動

日本赤十字社山口県支部で行った最近の災害救護活動は以下のとおりです。

 

平成30年7月豪雨災害 7月18日 14:00現在

<医療救護班の派遣状況>

  • 派遣期間:平成30年7月9日~7月11日
  • 派遣場所:広島県安芸郡坂町
  • 派遣班数:1個班8名(医師1名、看護師3名、薬剤師1名、主事2名、支部管理要員1名)

IMG_3662_7月8日広島救護班出動坂町小屋浦小学校へ向かう IMG_8529_7月8日坂町小屋浦_救護班

 IMG_3762_7月8日広島救護班出動坂町小屋浦小学校で救護所開設 IMG_6298 - コピー

<救援物資の配布>

  • 美祢市:搬送物資:毛布100枚、緊急セット6セット、バスタオル120枚
  • 山口市:毛布100枚、緊急セット60セット、安眠セット35セット
  • 周防大島町:毛布10枚、緊急セット6セット

 

日本赤十字社全体の活動状況はコチラからご確認ください。(日赤本社HPにジャンプします)

 

平成28年熊本地震災害

<医療救護班の派遣状況>

  • 派遣期間:平成28年4月16日~5月20日
  • 派遣場所:熊本県
  • 派遣班数:6個班(48名) 医師8名、看護師18名、薬剤師2名、事務員20名00010001

<救援物資の配布>

  • 毛布1,000枚

<そのほか>

熊本血液センター支援要員の派遣

  4月24日~29日 山口血液センターから人員2名、車両1台

こころのケアコーディネーターの派遣

  6月3日~9日 山口赤十字病院からコーディネーター1名、連絡調整員1名

平成26年8月広島県大雨災害

広島県大雨

<医療救護班の派遣状況>

  • 派遣期間:平成26年8月26日~28日
  • 派遣場所:広島市安佐北区・安佐南区
  • 派遣班数:1班(8名)

平成26年8月岩国市・和木町大雨災害

<赤十字ボランティアの活動>

  • 山口県赤十字防災奉仕団、岩国災害救護奉仕団
    :災害ボランティアセンター運営支援、住宅清掃、泥かき、瓦礫撤去等
  • 山口県青年赤十字奉仕団:住宅清掃、泥かき、瓦礫撤去等

岩国・和木町大雨

<救援物資の配布>

  • 毛布     250枚
  • 緊急セット  12セット
  • 安眠セット  30セット
  • バスタオル  120枚

山口県平成25年7月28日大雨災害

阿東大雨

<医療救護班の派遣状況>

  • 派遣期間:平成25年7月31日~8月1日
  • 派遣地域:山口市阿東
    ※萩市須佐・田万川地域には、7月30日~8月5日の間、島根県支部管下の益田赤十字病院から6個班42名が派遣され、避難所への巡回診療、救護所を設置しての医療活動が行われました。
  • 派遣班数:2班(18名)

<赤十字ボランティアの活動>

  • 山口県赤十字防災奉仕団:被災地の環境調査、災害ボランティアセンター運営、物資搬送、住宅清掃、泥かき、瓦礫撤去等
  • 岩国赤十字災害救護奉仕団:炊出し支援(岩国寿司の提供)
  • 山口県青年赤十字奉仕団:住宅清掃、泥かき、瓦礫撤去等
  • 青少年赤十字加盟校高校生による住宅清掃、泥かき、瓦礫撤去等
  • 地域赤十字奉仕団:炊出し、住宅清掃、泥かき、瓦礫撤去等

阿東大雨2 阿東大雨3

<救援物資の配布>

  • 毛布     160枚
  • 緊急セット  63セット
  • 安眠セット  231セット
  • バスタオル  555枚

東日本大震災

東日本大震災

<医療救護班の派遣状況>

  • 派遣期間:平成24年3月12日~6月9日
  • 派遣場所:茨城県水戸市、宮城県石巻市
  • 派遣班数:11班(延べ85名)
  • 診療者数:約1,480名

<こころのケア要員の派遣状況>

  • 派遣期間:平成24年4月14日~8月15日
  • 派遣場所:宮城県石巻市等
  • 派遣班数:6班(延べ16名)

<介護職員の派遣状況>

  • 派遣期間:平成24年6月15日~6月21日
  • 派遣場所:岩手県大槌町
  • 派遣人員:2名

<石巻赤十字病院業務支援>

  • 派遣期間:平成24年3月15日~6月22日
  • 派遣人員:延べ10名

<防災ボランティアの活動状況>

  • 派遣場所:茨城県水戸市、宮城県仙台市、岩手県遠野市等
  • 派遣人員:延べ15名
  • 日赤山口県支部業務支援:延べ16名

<救援物資の配布>

  • 毛布     300枚
  • 緊急セット  900セット
  • 安眠セット  80セット

※日程の詳細や救護活動の画像などは、東日本大震災~山口県支部の対応をご覧ください。
※東日本大震災復興支援特設サイト「復興へ、まだまだ力を。」


ページの上へ