メニュー

活動紹介

  1. トップページ
  2. 活動紹介
  3. 赤十字ボランティア

赤十字ボランティア

赤十字ボランティアは、赤十字の使命をもとに人道的な諸活動を実践しようとする人々が集まって結成されたボランティア組織であり、社員増強、災害救護、講習普及、社会福祉、献血推進等の活動を行っています。

地域での活動

地域奉仕団

「赤十字のボランティア活動を通じて地域社会に貢献したい」という想いを持った人々によって市町ごとに組織されたボランティアグループ。 主に、県下一斉ボランティア活動(環境美化運動やリサイクル活動)、社資募集、災害時の非常食炊き出しなど地域に密着した活動を行っています。

県内地域奉仕団一覧

ユースとしての活動

青年赤十字奉仕団

おおむね18~30歳の社会人や学生などで組織されたボランティアグループ。主に、献血推進活動や防災活動、東日本大震災で被災された方々への支援、HIV/エイズ予防啓発活動などに取り組んでいます。

県内では、社会人と学生らが一緒に活動する「宇部青年赤十字奉仕団」、山口大学の学生で組織される「山口大学学生赤十字奉仕団」が結成されています。

技術や経験を生かした活動

山口県赤十字安全奉仕団

県内では、救急法・水上安全法・幼児安全法の指導員で結成され、県民の健康と安全を守るための講習会の指導を行っています。

山口県赤十字アマチュア無線奉仕団

アマチュア無線免許保有者で結成され、非常災害時に通信網を確保し、正確かつ迅速な情報の収集と伝達を行うことを目的に活動し、各種救護訓練へも参加しています。

山口県青少年赤十字賛助奉仕団

青少年赤十字活動の普及や加盟促進を目的に活動しており、青少年赤十字の指導経験者や、目標に賛同された方々で組織されています。

災害時での活動

山口県赤十字災害救護奉仕団

災害時に赤十字が実施する救護活動に協力することや平時に防災思想の普及を図ることを目的に組織され、防災訓練や防災講習等に参加しています。県内には「岩国赤十字災害救護活動奉仕団」「山口県赤十字防災奉仕団」の2団が組織されています。

病院での活動

個人ボランティア

日本赤十字社山口県支部では、県内の赤十字病院において、外来患者案内、入院患者慰問、移動図書の貸出・朗読、清拭用タオルの準備等を行う病院ボランティアに113人が登録しています。(平成27年3月31日現在)

赤十字ボランティアへの参加等については、山口県支部までお問い合わせください。


ページの上へ