メニュー

講習のお知らせ

  1. トップページ
  2. 講習のお知らせ一覧
  3. 第5回赤十字救急法競技大会を開催しました

第5回赤十字救急法競技大会を開催しました

ワールド・ファーストエイド・デー(世界救急法の日)である、9月9日(土)に、第5回目となる赤十字救急法競技大会を山口南総合センターで開催しました。

今年は、今までの学校・職場、友人等でのグループに加え、初めて家族での参加があり、全30チーム、106名が、「心肺蘇生の部」と「応急手当(三角巾包帯法と搬送)の部」の2部門で競いました。

IMG_2378 IMG_2372

 

心肺蘇生の部

内容:心肺停止状態で倒れている人を発見してから、救急隊に引き継ぐまでの手順の適切さを競いました。

傷病者を発見、自身の安全確認のため周囲を観察し、傷病者に近づく。状態を把握し、胸骨圧迫(心臓マッサージ)・人工呼吸を行い、AED(自動体外式除細動器)を使用、胸骨圧迫等の再開後、救急隊に引き継ぐまで。

IMG_2550  IMG_2475IMG_2499  IMG_2452 

 

応急手当の部

競技者は与えられた手当部位を三角巾を用い包帯法を行います。手当後は2名で傷病者を搬送。 

IMG_2633 IMG_2637IMG_2657 IMG_2594

JRや自衛隊、警察チームは、さすがによく声が出て、きびきび動かれていました。福祉施設や病院の職員チームは、これならいざというとき安心!という対応でした。

高校のJRC部(青少年赤十字)は、若さあふれ、大学のサークルチームはスポーツマンらしい爽やかさいっぱいでした。

初出場のファミリーチームは、パパとママが救助者役で、お兄ちゃんが救急隊役。弟くんは一生懸命パパの側で応援をしていました。家族揃っていのちを救う・・・素敵です。

IMG_2873 DSCN4012

両部門通じての総合優勝は「山口県鴻城A」チーム。心肺蘇生の部および応急手当の部のダブル優勝でした。しっかり練習して大会に臨まれた結果です。

これから先、いざという時には赤十字救急法で人間のいのちを守ってください。

 

▶総合優勝

山口県鴻城A(高校生チーム)

 

▶心肺蘇生の部

優勝:山口県鴻城A(高校生チーム)

準優勝:たくみ美容室(大学生チーム)

三位:山口県鴻城B(高校生チーム)

 

▶応急手当の部

優勝:山口県鴻城A(高校生チーム)

準優勝:チームFIT(社会人チーム)

三位:宇部西高(高校生チーム)

 

▶特別賞

ザ・サカモト(社会人チーム)

救レンジャー(ファミリーチーム)

いけいけ!いつらくん(大学生チーム)

からあげ(社会人チーム)

2017-09-15


ページの上へ